特別な結婚指輪を購入するためにも専門知識をつけておきましょう

義母から指輪を貰う場合

ハート

リフォームでデザイン変更

婚約指輪を相手方から代々伝わるものとして受け取るという女性もいると思いますが、数十年の時を経ていますから、正直なところデザインが今一つ気に入らないという事もあるでしょう。そんな時には了承を貰ってから、サイズ直しも含めてリフォームしてデザインを好きなものに変える事をお勧めします。リフォームは元ある宝石はそのまま使用できますし、地金の部分については現在の地金相場で換金してリフォーム代金から引いて貰えるのでお勧めの方法です。婚約指輪をリフォームする時には何か2人に思い出のモチーフがあれば、それを取り込んだデザインを考えるのも楽しいですね。特にアイデアがなくてもこんな感じのデザインにしたいとデザイナーに伝えれば、その希望を叶えるようなデザインをいくつか考えてくれるので気に入ったデザインに決めれば良いでしょう。デザイン画を複数見てもピンと来るものがなければ、何回でも描き直してくれますから妥協せずに注文を出すのがお勧めです。婚約指輪はデザインも大事ですが、アフターケアがしっかりしているジュエリーショップを選ぶのも重要です。磨き直しやサイズ直しなどは長い年月の間には行うこともあるでしょうから、ショップ選びのポイントの一つに加えてみて下さい。また、結婚後に転勤が想定される場合には全国の主要都市にショップがあればメンテナンスも安心ですね。代が変わっても子孫に残せる婚約指輪は家族にとっても意味深いものですから、形を変えても残していくと良いでしょう。